AMI MASK Light(アミマスク ライト)
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/15

AMI MASK Light(アミマスク ライト)

¥1,650 税込

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
レビュー96件

送料についてはこちら

  • ホワイトS(小さめ)

  • ホワイトM(ふつう)

  • ホワイトL(大きめ)

  • ブラックS(小さめ)

  • ブラックM(ふつう)

  • ブラックL(大きめ)

  • サンドベージュS(小さめ)

  • サンドベージュM(ふつう)

  • サンドベージュL(大きめ)

  • アイスミントS(小さめ)

  • アイスミントM(ふつう)

  • アイスミントL(大きめ)

  • ネイビーS(小さめ)

  • ネイビーM(ふつう)

  • ネイビーL(大きめ)

靴下工場が作ったホールガーメント製マスクver.2 「アミマスク ライト」 2021年 6/23 Sサイズのブラック、サンドベージュ、ネイビーを新にラインナップしました。 「アミマスク プロトタイプ」からの進化したポイント ・耳掛け部分をサイズ調整(少し大きくなりました)、 伸縮性もアップ ・サイズ毎にパターン調整 ・約20%軽量化 ・機能素材使用で吸水速乾性アップ ・編み込みでサイズマークを追加(目印) サイズスペック ※横はマスクを半分に折りたたんだ状態で耳掛けを除く本体を計測しています(立体的な構造のため) ・Sサイズ  横 約11cm  縦 約12cm ・Mサイズ  横 約12.5cm 縦 約12.8cm ・Lサイズ  横 約13.5cm 縦 約13.8cm Sサイズは小さめ、Mサイズはふつうサイズ、Lサイズは大きめサイズとなります。 ニット素材なので伸縮性があります。 サイズの着用感に関しては商品画像をご確認下さい。 ※サイズ感に関しては骨格や、体型などの個人差がございますのであくまで目安としてお考えください。 着用時の向き(上下)ですが、フラットな面を上に着用した場合は顔を覆う面積が大きくなり、息が抜けやすくなります。 カーブしている面を上に着用した場合は、よりフィット感が生まれます。 ※着用感は個人差はございます。 鼻から口元にかけては生地が2重構造になっています。 着用スタッフコメント ・女性(身長152cm) 「Sサイズでピッタリでした。長時間つける場合は少し耳掛け部分が気になります」 ・女性(身長153cm) 「サイズはMサイズで良いですが、ゆったりつける場合はLが良いと思います」 ・女性(156cm) 「Mサイズで丁度良いサイズ感でした。フィット感も良いです」 ・女性(160cm) 「Mサイズを着用しましたが、少し余裕がありました」 ・男性(171cm) 「Mサイズでも着用できますが、Lサイズの方が適度なゆとりがあるので付け心地は良いです。私ならLサイズを選びます」 ・男子(125cm 7才) 「Sサイズで丁度良いです。動いてもずれませんでした」 ※弊社スタッフで試した際に、数名のスタッフからプロトタイプと比べると匂いが若干気になったという声がありました。 今回は素材にポリエステルが入っているため、敏感な方は繊維の匂いを感じる場合がございます。 素材 ・綿、レーヨン、ポリエステル 特徴 ・表側にUVカット、遮熱性の素材を使用 ・裏側に消臭、PHコントロール、冷感性の素材を使用 ・製品にキシリトール加工(吸湿性を高める効果) ・洗濯耐性(抗ピリング性素材)に優れた吸水速乾性素材 ・耳掛けまで無縫製のニット素材で独自のフィット感 使用上の注意 ・本品はウイルスの侵入を完全に防ぐものではございません。 ・肌に異常がある場合や、かゆみ、かぶれなどの症状が出た時は、ただちに使用を中止して医師にご相談ください。 ・本品は有害な粉塵やガス等が発生する場所やそれを防ぐ目的での使用はできません。 ・臭いで気分が悪くなった場合、使用を中止して下さい。 お取り扱いの注意 ・開封後は一度洗ってからご使用ください。 ・洗濯機を使用する際は洗濯ネットをご使用ください。 ・洗剤は中性洗剤をご使用ください。 ・乾燥機のご使用は避けてください。(縮む可能性があります) ・アイロンを使用する際は当て布をご使用ください。 ご返品に関して 商品の特性上、お客様都合によるご返品はお受け出来かねます。 初期不良、発送間違いの場合はお手数ですがご連絡お願い致します。 【熱中症予防行動について】 環境省、厚生労働省HPより ・夏期の気温・湿度が高い中でマスクを着用すると、熱中症のリスクが高くなるおそれがあります。このため、屋外で人と十分な距離(少なくとも2m以上)が確保できる場合には、熱中症のリスクを考慮し、マスクをはずすようにしましょう。 ・マスクを着用している場合には、強い負荷の作業や運動は避け、のどが渇いていなくてもこまめに水分補給を心掛けるようにしましょう。また、周囲の人との距離を十分にとれる場所で、適宜、マスクをはずして休憩することも必要です。